オナ電に否定的な考えを持っている人の多くは、相手の姿が見えないことを挙げます。
しかし、それこそがオナ電の魅力のひとつであるというと驚く人もいるでしょう。
今や技術も進歩して、テレビ電話を使ったりWEBカメラを介せば相手の顔や姿を見ることは簡単にできるはずです。
ところがオナ電をする人の多くはそういったことをしません。
なぜなら、前述したように相手の顔や姿が見えないことがオナ電の醍醐味だからです。
出会い系サイトで実際の出会いに至るまでには何度もメールのやりとりをしますよね。
やりとりをしているうちに自分の頭の中でいろいろと相手のことを想像してしまうものです。
そしていざ待ち合わせの場所に行ってみると、ガッカリしたという人も少なくないかと思います。
ガッカリした理由は、自分が想像していたような相手出なかったからですよね。
その点、相手に会うことのないオナ電ならどれだけすばらしい想像をしても裏切られることはありません。
憧れのアイドルや人気モデルを思い浮かべながらプレイするのもよし、八頭身のグラマーを想像して快感を得るのもアリです。
このように自分の好きな相手を頭に思い浮かべながらプレイできるからこそ、オナ電は楽しいのです。
きっと相手もあなたのことをカッコいいイケメンと思いながらプレイをしていることでしょう。

オナ電で感じる?感じない?

オナ電に対して否定的な意見を持っている人は存在しています。
その人たちのほとんどは「相手を見ることができない、触ることもできないのに感じるわけがない」「オナ電で快感なんか得られない」といいます。
けれども、その多くはオナ電をやった経験がないか、もしくはあっても1、2度くらいでうまくいかなかったという人たちです。
一方で、オナ電に病みつきになっている人も大勢います。
中には「リアルなセックスよりも快感が得られる」「普通のセックスはもう必要ない」という人もいるほどです。
この両極端な差はいったいどこから生じるのでしょうか。
もちろん人の感じ方はさまざまですから、それぞれの意見の違いはあって当然です。
しかし、オナ電はリアルセックスよりも劣っているという考え方は間違っているということはいえるはずです。
オナ電を否定する人も、想像力を駆使してオナ電のテクニックを使ってみれば、快感を得ることもできることでしょう。
オナ電がうまくいかない人は、想像力が足りないケースが多くみられるようです。
最近ネットの世界ではVR(バーチャルリアリティー)が進歩を遂げており、さまざまな分野で活用されようとしています。
そしてオナ電は人間の脳内におけるVRの世界であり、リアルなセックスよりも先端を進んでいるともいえるのではないでしょうか。

週末のオナ電でストレスも性欲も発散

日常のストレスをセックスで発散させるという人もいるでしょう。
ストレスはさまざまな病気の大きな原因ともされていますから、なるべく発散させるようにするべきです。
セックスは日ごろのストレスを発散させるばかりでなく性欲の解消にもなりますから、一石二鳥です。
しかし妻や恋人といった特定のパートナーのいない男性はどうすればいいのでしょうか。
ストレスや性欲が溜まるたびに風俗へ行っていてはお金が持ちませんよね。
そこでおすすめするのが、オナ電なんです。
オナ電ならパートナーがいなくても問題ありませんし、仕事が忙しくて遅くに帰宅してもそれから自宅で行なえます。
ある男性は週末にお酒を飲みながらプレイをするのが楽しみだそうです。
いくら電話越しで相手に自分の顔が見えないからといってもやはり素面では照れ臭いこともありお酒の力を借りるわけだそうです。
けれどもそのおかげで普段女性には絶対に口にできないような言葉や欲求を平気で言えるので、さらに刺激的なプレイを楽しめているといいます。
最初のうちは慣れないこともあってなかなかうまくいかなかったのですが、今では相手にも興奮させて一緒にイクこともできるようになったそうです。
今や毎週末に行なうオナ電は、彼にとって仕事のストレスも性欲も発散させてくれるなくてはならないものとなっているようです。

オナ電なら18歳未満でもOK

18歳未満の異性とセックスをすると、合意の上であったとしても違法行為となってしまいます。
出会い系サイトでは18歳未満の利用は禁止されていますが年齢を偽って登録しているケースも少なくなく、もしそんな女性と関係を持ってしまうと大変なことになってしまいます。
したがって、これは出会い系サイトを利用する際の大きな注意点のひとつといえます。
その点、実際に相手と接触することのないオナ電において年齢制限はないので、18歳未満の相手とプレイしても違法にはなりません。
だから多くの男性の憧れである女子高生とオナ電しても問題はないということです。
けれども、女子高生がオナ電なんてするの?と思う人もいるかもしれません。
女子高生や女子中学生はセックスに興味津々な年頃ですが、実際にセックスをするとなるとなかなかハードルが高いものです。
世間では今や女子高生や女子中学生のほとんどがセックスをしているようなイメージを持っているかもしれませんが、現実はそうではありません。
好きな人と結ばれたい、見知らぬ人とするのは不安と思っている女の子もたくさんいます。
そんな時にオナ電なら個人は特定されませんし実際に男性と会うこともない、そのうえ性的快感を得ることができるといいことだらけなので、結構多くの女子高生がオナ電を楽しんでいるようです。